ノーモア普通のおじさん

普通のおじさんが、子育て、資産運用および旅行について、普通に綴ります。

リッツ・カールトン京都で優雅なアフタヌーンティー

普通のおじさんは常にお金のことを考えながら生活しています。

余裕があるわけではないのでいかに節約するかを考えているのです。

悲しい。。

おじさんはなんだかんだでそんな生活に耐えられますが妻はそうは行きません。たまには優雅に過ごしたいと思うことがあるのです。

そんなわけで世界有数の高級ホテルであるリッツカールトン京都で妻と優雅に過ごすことにしました。

とは言っても宿泊はすなわち破産、ランチ・ディナーも予算オーバーなのでカフェにすることにしました。

ザ・リッツ・カールトン京都 - トリップアドバイザー

スタッフが国際色豊かです。建物に入った瞬間からその高級感に圧倒されます。

当日に電話しましたが予約はできず予約なしの状態で行きました。

席がうまってしまっていたためザ・ロビーラウンジは使えませんでしたが、代わりにザ・バーのスペースに案内してくれました。メニューはロビーラウンジのものと同じです。

SNS映え抜群のアフタヌーンティーセットを注文しました。

f:id:msetsu:20180317215555j:plain

なんともリッチでリア充感満点の写真です。

写真は1人分ですがそれなりの量があります。シェアしました。

ここのデザートはピエールエルメというブランドのものらしく妻は大満足です。

そしておじさんもドヤ顔で職場のOLに自慢できるでしょう。

蛇足ですが、アフタヌーン・ティーというものは社交の場として使われ、会話の内容などにもセンスや教養が求められるようです。

おじさんも初めは意識したものの途中から普通のおじさんの会話になりました。 

味・雰囲気・サービス全て最高なのですがカフェとしては値段も最高クラスです。

たまにですが下のサイトから予約することで割引を受けることができるみたいです。 

私が行った際はありませんでしたが。。

アフタヌーン・ティーの金額だけでもかなりのダメージを受けてしまうのが現状ですが、ぜひいつの日か泊まってみたいものです。