ノーモア普通のおじさん

普通のおじさんが、子育て、資産運用および旅行について、普通に綴ります。

大阪のすぐ側で美しい自然が楽しめる!廃線ウォーク in 武庫川渓谷

日本には多くの廃線があります。そして大阪のすぐ側、宝塚に廃線ウォークできる場所があります。

そこは武庫川渓谷沿いを通った旧JR福知山線で、「武庫川渓谷」で検索すればたくさん出て来ます。

場所はJR宝塚駅の1つ先の駅であるJR生瀬駅からJR武田尾温泉駅の間にあります。

www.tripadvisor.jp

廃線ウォークコース自体は約4.7kmですが、駅から一般国道を多少歩くので総全長は約7kmです。歩いて2時間くらいになります。

JR生瀬駅側からスタートすると緩い登り、JR武田尾温泉駅から出発すると緩い降りになります。とは言っても高低差はほとんどありません。

ウォーク後の匂いが気になるおじさんにとっては、JR生瀬駅側からスタートして帰りにはその名前からも分かるように武田尾温泉でスッキリするコースがおすすめです。

JR生瀬駅の改札を出るとそこはいたって普通の駅です。廃線ウォークの気配すらありません。しかし駅前には周辺案内の看板がありそれに廃線ウォークへの行き方についても書いてありました。

そして駅のすぐそばにはちょっとしたコンビニのようなものもありました。 このコンビニが廃線ウォーク前の最後のコンビニになるので必要なものはここで買いましょう。

廃線ウォークは本当に気持ちいいので、たとえおじさん1人であってもお弁当など買っておくことをおすすめします。

一般道を15分ほど歩くと廃線ウォークに到着します。

廃線だけあってウォーキングコースには枕木が残っています。(写真は親水公園付近)

f:id:msetsu:20180311074925j:plain

すぐ横には武庫川が流れ、荒々しい岩々と緑が多々あり見応えがあります。

f:id:msetsu:20180311075005j:plain

そして何よりもトンネルです。照明器具は設置されていないので真っ暗です。

平日に行ったためか人がおらずトンネルに入るのは正直怖いものがあります。

臆病な私は四方を警戒しながら念のため落ちていた木の枝を持って歩きました。

特に2個目のトンネルは長く中間付近では出入り口の光すら見えません。そして途中には壁からせせらぎがあり(飲めるか不明だが冷たい)、コウモリの鳴き声が聞こえ、現に天井を照らすとコウモリが飛んでいます。

おじさん1人でこんなところにいるとなんとも悲しくなるような不思議な気分がします。

2個目のトンネル出口付近の写真です。

f:id:msetsu:20180311075035j:plain

トンネルの出口に近づくにつれて徐々に見えてくる緑のトンネルは感動的に素晴らしく感じます。

3個目のトンネル入り口付近では、緑のトンネルの中に突然真っ暗なトンネルが出てきて不思議な感じです。

f:id:msetsu:20180311075118j:plain

こんなところに全くの1人でいると不思議の国に迷い込んだような錯覚を覚えてしまいます。

3個目のトンネルを抜けるとすぐに古びた赤鉄橋があります。格好のSNS映えする写真を撮るスポットです。そしてまたすぐに4個目のトンネルが待っています。

f:id:msetsu:20180311075149j:plain

スタートから1時間半程歩いたところで親水公園というところについたので休憩です。他のウォーキング客にここで遭遇。大学生風の男女の混合ペアでした。

そんな羨ましいパーティーを横目にコンビニで買っておいたおにぎりでちょっとしたランチをとりました。

ここでは川に降りることができ大学生達は降りてました。

5個目のトンネルを抜けます。

f:id:msetsu:20180311075217j:plain

その後は短いトンネルを抜けて道なりに歩くとJR武田尾駅に到着して終わりです。

以下補足です。

  • 運動不足の人でも大丈夫だろうと思う
  • トレッキングシューズがなくてもスニーカーやランニングシューズで大丈夫
  • 懐中電灯など照明器具は絶対にあった方がいい
  • JR武田尾駅のそばに駐車場あり(1日500円)

トンネルは真っ暗です。iphone7の照明では全くの力不足です。

懐中電灯など照明器具は絶対にあった方がいいです。

 

さてその後は汗臭くなった体を綺麗にするために武田尾温泉に向かいます。

JR武田尾駅からは徒歩で行ける距離です。

「紅葉館別邸あざれ」「武田尾温泉元湯」という2件の温泉があります。

どっちも高い。。

高いけどホームページで見る感じ綺麗そうな「紅葉館別邸あざれ」に行くことにしました。

px.a8.net

「あざれ」は足湯を備えていました。

写真のような感じで虫が多そうです。

入浴料はタオル・バスタオル・アメニティ及び鍵付きロッカーありで1800円。

お湯は無色透明でかすかに硫黄臭がします。癖が少なくでも温泉的でおじさんには非常に好感の持てるタイプの温泉です。

中は綺麗ですが内風呂と小さな露天風呂のみでした。(お客さんが誰もいなかったので撮らせてもらいました)

お湯は最高です。高いですが。。

旅館自体は非常に綺麗で非日常的なところでした。

いつかリッチなおじさんになって日帰り入浴ではなく宿泊してみたいものだと思いながら、綺麗になった体で電車に乗って帰路につきました。