ノーモア普通のおじさん

普通のおじさんが、子育て、資産運用および旅行について、普通に綴ります。

おじさんの1人世界遺産等巡り in ソウル

夏休みを利用して1人でソウルに旅行に行きました。

おじさん1人なのでショッピングや食では楽しむのにも限界があります。

なので世界遺産を主とした歴史的スポットを中心に巡りました。

宗廟

ゾンミョウは朝鮮王朝の歴代王と王妃を祀った建物で1995年に世界遺産に登録されています。 

px.a8.net

土曜日だったので、ガイドなしで自由見学でした。

土曜日以外はガイドツアーでなければ入れないみたいです。

ほぼ1時間おきに日本語の無料ガイドツアーがあるので、細部は宗廟HPで確認して下さい。

*韓国語版にしか記載がないので翻訳機能を活用して下さい。

中は鬱蒼とした森林で、その中に建造物が点在しています。

建造物だけ見ればそこまで感動的な訳ではないですが、自然とのコントラストがいい感じでどこか神社的雰囲気を思い起こさせます。

f:id:msetsu:20180315220841j:plain

なお、一番奥には昌徳宮との連絡通路がありますが工事中でした。

個人的には何が何でも見る必要性がある場所とは思いませんが、時間があったり、何回もソウルにきたことがあるのであれば行って見るといいと思います。

昌徳宮

景福宮離宮として李氏朝鮮時代に作られたもので李氏朝鮮の王族が執務や生活を実際に行っていた場所です。

豊臣秀吉による朝鮮出兵時に一度破壊され、現在のものはその後に復興されたものです。

px.a8.net

入り口である敦化門の前にチケット売り場があります。

f:id:msetsu:20180315220927j:plain

昌徳宮の建物だけだと3000ウォン、秘苑(後苑)も含むと8000ウォンです。

秘苑に行く場合は必ず昌徳宮を通ることになり2つのチケットが必要になります。

ここも無料のガイドツアーが出ているのでHPで事前に確認して行くといいと思います。

なお昌徳宮はガイドツアーに参加する必要性はありませんが、秘園は必ずガイドツアーに参加する必要があります。

秘苑ガイドツアーの各回定員は100名で、50名は事前インターネット予約、残りは当日券みたいです。

私の場合、ツアー開始の1時間半前にチケットを購入しましたが大丈夫でした。

敦化門をくぐってすぐの位置に無料ガイドツアー集合場所があります。

今回は時間の関係で英語ツアーに参加です。

中にはいかにも大陸的な王宮という感じで、日本のものとはだいぶ異なる建物があります。

f:id:msetsu:20180315220948j:plain

f:id:msetsu:20180315221011j:plain

ガイドの人が各建物はどんな役割をしていたのか、またそれに伴う逸話などを説明してくれて非常に参考になりました。

なお日本に関係することで言えば気まずいことしか言われていません。いいところはなしです。

以下一例

  • 1592年の朝鮮出兵で日本に全部破壊されたこと
  • 王妃(多分閔妃のこと)が日本の策謀によって暗殺されたこと
  • 大韓帝国時代は王の実権を日本に奪われ、執務室が必要なくなったこと
  • 韓国併合に伴い王族が日本に強制的に移住させられたこと
  • 日本に連れて行かれた最後の王女(多分徳恵翁主のこと)が日本の激しい洗脳により精神病を患ったこと 

基本的に悪いことは全て日本がやったことになっており、一部「?」がつくところもありますが、韓国人がどのように認識して、外国人に対してどのように言っているのか垣間見ることができました。

ツアーは1時間くらいで終了し、終了地点の近くに秘苑ツアーの集合地点はあります。

秘苑(後苑)

昌徳宮内にあります。

約90分間のツアーになります。

ガイドに従って歩き、ポイントに着たら説明を受けて、数分間のブレイクがあり、その間に写真などを撮るような感じです。

庭園があったり建物がある場所がポイントとなり5箇所ありました。

歩く場所は舗装された森の中の道で心地よいです。

最初のポイントでは中国風の庭園がありました。

f:id:msetsu:20180315221152j:plain

その後のポイントでも中華風の庭園や建物を見ることができました。

自然とよく調和しておりいい感じです。

なお結構歩きます。また坂道もそれなりにあります。

サンダルなどでも可能ではありますが履き慣れた靴の方が無難です。

個人的には、中国の庭園や日本の庭園等と比べるとそこまで感動的ではなかったです。

時間と体力に余裕があれば見て回るのもいいかもしれません。

景福宮

昌徳宮が離宮だったのに対し景福宮は王宮だったところです。

また日本統治時代は朝鮮総督府があった場所でもあります。

px.a8.net

他の施設と同様、ここも無料のガイドツアーが出ているのでHPで事前に確認して行くといいと思います。

今回は日本語無料ガイドツアーに参加できました。

昌徳宮と同じような感じの建物がありますが、王宮だけあって全般的に大きめのイメージです。

f:id:msetsu:20180315221341j:plain

上の建物の写真は儀式など、下の建物は晩餐会などが開かれていたようです。

f:id:msetsu:20180315221356j:plain

なお、この昌徳宮は朝鮮出兵の際に破壊され、19世紀になって再建されたそうです。

その後は韓国併合後、朝鮮総督府建設にあたり大きく破壊されてしまったようです。

ガイドもその点は強調していました。 

景福宮世界遺産ではありません。また、建物全体的には昌徳宮に似たような感じになっています。

個人的には、世界遺産にも指定されている昌徳宮を優先した方がいいかなと思いました。

北村韓屋村

李氏朝鮮時代の官僚などが住んでいたエリアみたいです。昔ながらの韓屋が残っています。

px.a8.net

町歩きをしながら昔ながらの街並みを楽しむエリアになります。

f:id:msetsu:20180315221429j:plain

北村八景と呼ばれているポイントが特に景観がいいみたいです。

全般的に坂道が多いので途中カフェなどで休みながらゆっくり散策するのがいいと思います。

総括

個人的には、歴史が大好きな人を除いたら、とりあえず世界遺産である昌徳宮次いで景福宮に行くのがいいと思います。

その他の場所は時間や気分により選択すればいいと思います。

基本的に各建物の説明は少ないため無料ガイドツアー参加を強くオススメします。

これらの場所は朝鮮出兵韓国併合によってかなりの影響を受けており、その説明は興味深いものがあります。

韓国人がどのように感じているのか感じることが可能です。

ただし各場所日本語無料ガイドツアーの時間は非常に限定されるため、有料の半日ツアー等を活用することも一案だと思います。