ノーモア普通のおじさん

普通のおじさんが、子育て、資産運用および旅行について、普通に綴ります。

桃源郷・MIHO MUSEUMは桃源郷だった。

こんにちは。

私は芸術が好きです。普通のおじさんなので具体的に何が良いか説明できるわけではありませんが、なんとなくの空気で素晴らしい作品というのを感じることができます。そして、昨今国内外からも高い注目を浴びている滋賀県信楽にあるMIHO MUSEUMというところに行ってきました。

またこのミュージアムは「現在の桃源郷」を意識しており、建物はルーブル美術館を建築したI・M・ペイが設計していて展示物だけでなく建築にも注目です。

www.tripadvisor.jp

アクセスは石山駅信楽駅からバスがあります。ただ本数は少ないです。

京都や大津あたりでレンタカーを借りるのがいいと思います。

MUSEUMはびっくりするくらい山の中(というか山の頂上付近)にあります。  

駐車場に車を止めてチケットオフィスでチケットを購入します。

ここにレストランも併設されておりオープン前から多くの人が並んでいました。

一汁三菜というメニューが大人気みたいです。

 

チケットオフィスとミュージアム本体は離れており歩いて10分くらいの距離になります。

私はチケットオフィスに寄らずにミュージアム本体に行ってしまったため、また戻る羽目になりました。

なおこの間には無料の電気自動車が往復しておりそれを利用することも可能です。

建築のことがよく出てきますが、このミュージアムは建物全体が芸術的です。

美しいトンネルを抜けると、美しいミュージアムが現れます。

f:id:msetsu:20180313125739j:plain

f:id:msetsu:20180313125838j:plain

このミュージアムに至る道自体が素晴らしいので、個人的には電気自動車でなくゆっくり歩くことをオススメします。

ミュージアムに入って無料コインロッカーに荷物を預けます。

入り口でチケットを渡すと美しい山々と1本の松が出迎えてくれます。

f:id:msetsu:20180313125938j:plain

ここで希望すればオーディオガイドを500円でレンタルできるみたいです。 

そして肝心の作品ですが普通のおじさんでも息を飲むものです。

数は少ないですが選りすぐりの精鋭を集めた感じです。

エジプト、西アジアギリシア・ローマ、南アジア、中国、ペルシア、中央アジア、そして日本の古代美術が展示されています。

f:id:msetsu:20180313130005j:plain

ガンダーラ

建物の内装も美しく最高の組み合わせです。

ミュージアム内には小洒落たカフェもあり疲れたら休憩や食事することも出来ます。

芸術がよく分からない普通の人にとっても、建築や展示物などなんとなく素晴らしいと感じることができます。SNS映えすることも間違えありません。

普通のおじさんにとってもだいたい「桃源郷」でした。

(もうちょっと料金が安ければお金に余裕がない普通のおじさんにとっても完全な桃源郷ですが。。)