ノーモア普通のおじさん

普通のおじさんが、子育て、資産運用および旅行について、普通に綴ります。

美しい清滝川沿いと森林の中を歩く京都の清滝〜高雄トレイルに行ってきた。

以前からグーグルマップ上で気になっていた清滝〜高尾トレイルに行ってきました。

時期は秋で紅葉シーズン真っ盛りです。

アクセス方法は阪急嵐山駅前にあるバス停から清滝行きのバスを利用しました。

20分くらいで終点の清滝に到着です。

清滝バス停を降りるとちょっとしたお茶屋がありますが売っているものは限定的なので必要なものは事前に準備しましょう。

 

しばらく進むと早速美しい橋と集落です。

f:id:msetsu:20180313133330j:plain

この集落には駐車場や駐輪スペースがあり、すぐそばにはトイレもあります。

歩き始めると高雄に着くまでトイレはないので済ませましょう。

トレイル道の最初は舗装されていますが、途中からは舗装されていません。

岩清水もたくさんあります。

道はぐちょぐちょなところも多いです。

ランニングシューズで来ましたが防水に関しては弱いためぐちょぐちょになりました。

トレッキングシューズやスニーカーなどしっかりしたものをオススメします。

清滝川沿いを歩き続けますが水がきれいです。透き通っています。

f:id:msetsu:20180313133502j:plain

夏だったら間違いなく飛び込んでしまう水質です。

そして美しい杉並木の道を通ったり

f:id:msetsu:20180313133518j:plain

昔は使われていたであろう水路があったり

f:id:msetsu:20180313133606j:plain

f:id:msetsu:20180313133533j:plain

普通に心が洗われます。 

コースもアップダウンは少なく清々しい気分で歩けます。

要所要所で案内板もあり迷うことはありません。

途中腰掛けて川の流れを眺めたりなどゆっくり行きましたが、清滝バス停から神護寺まで約1時間半でした。

 

体力やスキルが必要なコースではなく、普通のおじさんでも全く心配ありません。

普通にちょっと変わったところに行きたい気分になったらぜひおすすめです。