ノーモア普通のおじさん

普通のおじさんが、子育て、資産運用および旅行について、普通に綴ります。

熊本歴8年のベテランが教える熊本・阿蘇エリアの魅力について

熊本県といったら何を思い浮かべるでしょうか?

熊本城、馬刺など色々ありますが雄大な自然の代表格である阿蘇を忘れてはいけません。

今回は熊本に長年住んで何度も阿蘇に足を運んで癒されてきた私の経験からおすすめの楽しみ方を紹介します。

阿蘇山

阿蘇パノラマラインを通って阿蘇山頂へ向かいましょう。

牧草地が広がり、見晴らしも最高な道路が続きます。

f:id:msetsu:20180413212135j:plain

途中には米塚というかわいい塚があります。立派な火山です。

さらに登ると草千里に出ます。

阿蘇を代表する光景です。

f:id:msetsu:20180413212618p:plain

馬なんかに乗ってしまうのもいいかもしれません。

さらにそこから先には火口がありますが入場は阿蘇山の噴火活動次第です。

ただこの火口も素晴らしいです。

f:id:msetsu:20180413212644p:plain

北外輪山

阿蘇山を取り囲む山々の北側エリアになります。北外輪山上にはミルクロードというまるでアメリカの道路のような風光明媚でドライブに最適な道があります。途中には何箇所か展望所があり、その中でも特に大観峰からの眺めは阿蘇観光の定番です。

f:id:msetsu:20180413212747p:plain

なおここのミルクソフトクリームはミルク好きにはたまらない一品らしいです。

阿蘇神社周辺

阿蘇神社は熊本地震で倒壊してしまいました。しかし神社の前に広がる門前町商店街は健在です。

様々な所から水が湧いています。もちろん飲めます。

そして色々なお店が並んでいます。

内牧温泉

火山阿蘇周辺には温泉が点在しています。そして唯一の温泉街が内牧温泉です。

ここには赤牛丼で有名ないまきん食堂があります。

片田舎なのに休日の並び方は異常なくらいです。それほど人気があります。ぜひ堪能しましょう。

阿蘇

阿蘇山の南のエリアになります。阿蘇で最も有名な水源である白川水源があります。

また小洒落て個性的なカフェが多く立ち並ぶのもこのエリアです。

高森

阿蘇村からさらに東のエリアにあたり、阿蘇山東部にある根子岳麓にあたります。

阿蘇にある他のエリアに比べたらあまり観光地化していないエリアです。

とりあえず、阿蘇では大観峰に負けず劣らず風光明媚な月周り公園に行くのがいいでしょう。

f:id:msetsu:20180413222333p:plain

根子岳とその麓に広がる森林を見渡せます。

そしてその少し北に行くと阿蘇フォークスクールがあります。旧上色見小学校の木造校舎を活用した懐かしい施設です。

根子岳とのコラボ抜群で、そして中では工芸品やカフェが楽しめます。

その側にある上色見熊野座神社SNS映えするスポットとして名高いところです。

神聖な雰囲気が漂っています。

f:id:msetsu:20180413223659p:plain

高森の食事といったら地鶏と高森田楽が外せません。

個人的には月周り公園周りのそばにあるらくだ山地鶏の店の地鶏がおすすめです。

普通の鳥と歯ごたえが全く異なりものすごく美味しいです。普通の人なら1人前でもかなりの量であり、2人でシェアがちょうどいい量です。

高森は水も美味しい場所です。

熊本のお酒といったら山村酒造の霊山、この酒の醸造所が高森中心街にあります。

施設見学はできませんがお酒を見るのも楽しいです。

高森中心街のそばには高森湧水トンネルもあります。

トンネルの奥から湧水が噴出しておりそこまで歩いて行くことができます。

夏は涼しく冬は暖かく、そして高校生の物理で習うかもしれないウォーターパールなんかあります。

子供や文系を連れて行くと面白がってくれます。

宿泊

高級ホテルから温泉宿、そして安宿まで存在します。

熊本から阿蘇は日帰りで十分にいける範囲です。

しかし夜の阿蘇は都会の喧騒から離れた田舎のため星空がとても綺麗です。

阿蘇に宿泊するのも悪くないです。

総括

阿蘇は九州の中でも1、2位を争うおすすめエリアです。

ただし阿蘇は東西18km、南北25kmと広いです。

車は必須です。

また各施設の移動には時間がかかることを考慮して計画を立てることが大事でしょう。