ノーモア普通のおじさん

普通のおじさんが、子育て、資産運用および旅行について、普通に綴ります。

パパは1人だけ、ファーストサイン教室参加

妻が申し込んだ、市が主催するファーストサイン教室に参加してきました。

妻は日中の子育てを除いたら時間を持て余しており様々な教室に参加しています。ファーストサインというのがなんのことかもよく分からず、妻に「来る?」と聞かれて「行く」と答えたことが行くことになった次第です。

ちなみにファーストサインとは以下のようなものです。

赤ちゃんとコミュニケーションできたら最高です!

場所は市青少年会館でした。

参加費は赤ちゃん1人100円で約1時間のコースです。

下記が主催だったようです。

受付を済ませて参加者の集まる部屋に行くとすでに先客がいました。

そしてその後も入ってきて合計8組の参加者となりました。

私を覗き全員女性です。

講師曰く、男性(主にパパ)の参加は珍しいそうです。

最初は講師の自己紹介から始まりファーストサインとはなんぞやという話に進みます。

そして各組の自己紹介です。

赤ちゃんの名前、生後何ヶ月か、赤ちゃんと触れ合っていて一番幸せを感じる時を発表していきます。

妻が対応してくれるだろうと思っていたら私にもふられました。

「こちょこちょして爆笑している時」と事実を答えて難を乗り切ります。

その後は、おっぱい、オムツなどの一般的なサインを教えてもらい実践してみました。

我が子は相変わらずとぼけた顔をしてなんのこっちゃという感じでしたが。

さらに絵本の朗読もありました。

使用しただるまさんシリーズです。

絵本の読み方は普段私が読んであげている読み方と異なり参考になりました。

本当に赤ちゃんに読み聞かせる感じです。

赤ちゃんの顔を見ながら読み聞かせ、表情を確認しながら声の強弱や音声などを出していました。

最後に赤ちゃんを抱いて音楽に合わせてぐるぐる周りながら歩きました。

途中でジャンプしたり、高い高いしたり、ぎゅっとしたり、赤ちゃんむけです。

しかし我が子はとても喜んでいました。

全般的に女性ばかりだったため窮屈には感じましたが、勉強になることもあり、妻の機嫌も取れて一石二鳥でした。

世のお父さんも時間を作って、このような講習にぜひ参加してみるといいと思います。