ノーモア普通のおじさん

普通のおじさんが、子育て、資産運用および旅行について、普通に綴ります。

IBJ株急落とストップ安の悲劇

IBJ株を私は保有しています。

futsu-ojisan.hatenablog.com

そして悲劇が起きました。

2018年5月11日に1Qの決算発表がありました。

(IBJ)平成30年12月期第1四半期 決算説明資料

売上高は伸びたものの販売管理費の増加が響いて営業利益や純利益は2017年度1Qに比べて減少です。

この決算資料を夜に見たのですが月曜日は下がるかな~という程度にしか考えませんでた。

楽天証券を通して見たのですが進捗状況が雨マークになっていました。

なんとなく嫌な感じでした。

しかし土日も仕事や子育て、5月14日月曜日も仕事で忙しかったためあまり気になりませんでした。

夕方に株価を確認すると目を疑いました。

なんと株価が834円まで下がっていたのです。ストップ安です。

先週金曜日は984円だったのに。

そして火曜日も下がり続け、15日火曜日は699円となってしまいました。

楽天証券チャートから引用)

PERもだいぶん下がって25です。

私が1100円で購入した際のPERは39でした。

PERが高いのでちょっと危ないかなーと思ってはいましたがその瞬間は突然訪れました。

PERの平均は業種によって異なりますが、一般的に20以上はちょっと警戒が必要と言われ40を超えると売り時と言われます。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

 

PERは将来への期待値です。

この期待が裏切られた時に株価は崩れます。

PERが高い企業を購入すると、決算時などで期待に答えれないと株価は急落(というより急降下)すると改めて感じました。

欲しい株があっても「待つ」、これが大事だと自らの懐を痛めて痛感しました。

「普通」から卒業するにはPERが適正になるまで「いつまでも」待てるようにならないといけないのかもしれません。

 

個人的にPER20以下の500円代後半くらいまで下がるのを待って買い増すのもありかなと考えているところです。