ノーモア普通のおじさん

普通のおじさんが、子育て、資産運用および旅行について、普通に綴ります。

妻が格安SIMに変えなかった。なぜか考えてみた。

私の妻はドコモです。

iPhone5sを使っています。

10数年間ドコモです。

ずっと契約しているからといって安くなることはなく毎月1万円近く払っています。

赤字になることはないが貯金がうまくたまらないとぶつくさ言っています。

そこで格安SIMを勧めていますが、かれこれ2年くらい変えないままです。

私と妻の財布はまったく別です。支払いは妻が行なっているので強く言うことはありませんが、世帯収支の悪化原因になるのでなんとか変えさせたいと思っていました。

その折に妻のiPhone5sの画面が割れました。

iPohone5s自体古い機種になりいつサポートから外れるかも分からない状況で買い替え時です。

そこでこれを機に格安SIMへの変更を熱心に勧めてみました。

前提として

  • スマホはiPhone4からずっとiPhone
  • 妻は文系だから機械などは分からないと思い込んでいるタイプ
  • 妻は東証1部上場企業の営業でFP資格を持っている。

のような状況です。

iPhoneの必要性はあるか?

まず私が最初に思ったのはiPhoneじゃなくてよくないかということです。

理由は以下の通りです。

  • スマホ用途はLINE、ゲーム、ネットが主
  • タブレットPCは使っておらずiCloudの活躍場面が少ない。
  • ApplePayは使わない(nanacoを使いたいから)
  • ApplePay Suicaは使わない(充電切れたとき怖い)

これらの条件からiPhoneにこだわる必要はなく、格安スマホで十分でないかと思ったのです。

しかしあっさり断られました。

  • 友達が格安スマホに変えたが壊れて、その際の手続きが大変だったらしい。
  • iPhoneが使い慣れてていい

ということです。

それならば格安SIM!

それならばと格安SIMを勧めてみました。

格安SIMは調べた限りもっとも評価が高いIIJmioで計算しました。

色々比較してもらいました。

ドコモ

iPhone 8 (64GB) 3,699円/月(全24回)
シンプルプランスマホ
(2年間の定期契約あり)
1,058円/月
ベーシックパック(〜5GBまで/ステップ3) 5,400円/月
ずっとドコモ割プラス(プラチナステージ) -864円/月
インターネット接続サービス 324円/月
月々サポート(24回) -2,403円/月
合計 7,214円/月
  • IIJimo

 

IIJmio

iphone8(64GB)

3546/月(全24回)

音声通話SIM
ライトスタートプラン
(6GB)

2220/月

合計

5766/月

IIJimoの場合iPhone8代を払い終わると基本料金はSIM代の2220円のみです。他方docomoの場合、払い終わっても月々サポートが残り5918円も基本料があります。

*しかも2018年10月3日までIIJimoは6GB→12GB、2220→1620円というキャンペーンをやってます。

格安SIMが3GB月額900円から/IIJmio

さらにこんな煽り資料も使いました。

しかしハッキリとした回答を得ることはできません。

子育てが忙しいというのもあるようです。

しかし、全く調べる時間が無いわけでも考える時間がないわけでもありません。

そうこうするうちに月日は流れて行きました。

結果

結局、docomoのiPhone8にしたようです。

理由は

  • よく壊したり無くしたりするので充実したサポートと保証が欲しい。
  • 長期使ってるのでdocomoの抽選が当たりやすい
  • dポイントがもらえる
  • 格安だとiPhoneを購入しないといけないが一気に金がいる

と言っていました。

しかし本音的には分からないことが多く色々調べるのがめんどくさかったようです。

また機種代で一気にお金が出ていくことが精神的なハードルになったようです。格安SIMの場合、分割にするとはいえ8万以上の買い物をその場でするので視覚的にきついようです。

逆にキャリアは機種代の負担を感じさせない巧みさがあると言えます。

つまり

  • めんどくさい
  • 機種代が大きな負担(のよう)に感じる

がもっとも大きな原因でしょう。

私個人的には非常に残念に感じています。

妻のdocomoは24ヶ月後に2年縛りが切れます。そしてそこからは機種代を払い終わったはずなのに月の料金は変わらないというキャリアの腹立たしい現実が始まります。しかしこれに気づけないのが問題です。

この更新時期までに家計簿をつける習慣をつけさせて、収支に占める携帯代の割合の異常性を認識させるのが重要です。

日本最大級!無料の家計簿アプリ・レシート家計簿「Zaim」

そして縛りが切れたらすぐに格安SIMに乗り換えてもらいたいところです。