ノーモア普通のおじさん

普通のおじさんが、子育て、資産運用および旅行について、普通に綴ります。

子供が手足口病に!1週間発熱したり下がったり

保育園に通う我が子が手足口病になりました。

なかなか発症しても手足口病と気付くのに時間がかかり、その間の生活も結構大変だったので、参考にその記録を記します。

手足口病とは

以下厚生労働省HPから引用しました。

口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症

感染してから3~5日後に、口の中、手のひら、足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹が出ます。発熱は約3分の1にみられますが、あまり高くならないことがほとんどであり、高熱が続くことは通常はありません。ほとんどの発病者は、数日間のうちに治る病気です。

手足口病に関するQ&A|厚生労働省

乳幼児がかかりやすい病気で、感染性のため保育園や幼稚園で誰か感染すると広がっていきやすいという特徴があります。

我が子が通う保育園でも何名か手足口病で休んでいる子がいるほか、市は「手足口病の流行警報」を発令していました。

発症から完治までの経緯

1日目、微熱発生

保育園に迎えに行くと保育士から、夕方に熱を測ったら37.7度の微熱があったと言われました。

しかし元気であり、食欲あり、下痢なしという状態。ただし以前から続いていた鼻水は継続していました。

とりあえず様子を見ることに。

2日目、また微熱

朝には熱は下がって36.7度の平熱に。

この日も同じく夕方に熱を測ったら37.7度あったと言われました。

機嫌も悪かったとのこと。

なんなのだろうかと思いもしましたが、大したことないだろうという正常化バイアスが働いて引き続き様子を見ました。

3日目、高熱発生

朝熱が下がって36.7度になったので普通に保育園に行かせました。

すると夕方頃保育園から連絡があってまた発熱したと連絡がありました。

38.2度!

すぐに迎えに行きました。

昼寝後から少し機嫌が悪くなったものの、おやつは完食し元気もあったようです。

家に帰っても元気でした。

病院に連れて行くか迷いましたが、食欲もあるしウンコもしっかりしていたのでとりあえず様子見です。

4日目、また高熱発生

保育園は休ませました。

鼻水の件で夕方に病院を予約していたので、その際に2日連続の発熱のことも聞いてみようと思い、それまでは家でゆっくりすることに。

朝には熱は下がってまた36度代。

元気です。

昼ごはんまでしっかり食べました。

お昼寝をして、熱く感じたので熱を測るとなんと38.9度!

前日とは違い昼寝後からぐったりです。

しかしおやつのキウイフルーツは食べました。

少しそのままゆっくりして予約していた病院に連れて行きました。

血液検査されて細菌性ではないことは確認され、ウイルス性の風邪と診断されました。

お腹の音を聞いて「調子も悪くない、しっかり栄養を取らせるよう」に言われました。

薬をもらいその日は終わりです。

翌日も熱がでるようなら明後日に受診するように言われました。

風呂も5分程度で終わらすなら大丈夫とのことでした。

この日、風呂上がりに手と足に虫に刺されたような水疱に気づきますが、少しであり虫刺されと思っていました。

5日目、今度は微熱

朝熱を測ると37.2度でした。

少し高めです。

幸い土曜日なので仕事も保育園もありません。

夜も暑かったのか、鼻がズルズルで気持ち悪かったのかよく眠れなかったようで朝からよく泣いて不機嫌でした。

食欲、ウンコは問題なし。

その日も昼寝後に熱を測ると37.7度と微熱が出ていました。

相変わらず機嫌は悪いですが、ご飯はしっかり食べ、ウンコも良好です。

ブツブツがかなり増えてお尻および局部にまで発生しました。

「虫刺されじゃないかも・・」と疑い始めたのもこの時です。

6日目、熱は出ず

朝は36.7度と平熱でした。

ただ鼻が詰まってよく眠れなかったみたいで機嫌は相変わらず悪いです。

ますますブツブツが増えて口にまでできていました。

色々調べて、もしかして手足口病?と思ったのはこの時です。

昼寝前に病院に連れて行きました。

診断結果は流行中の手足口病でした。

「このまま熱がでなければ翌日から保育園に行っていい」と言われました。

昼寝後も発熱することはないものの機嫌は悪かったです。

相変わらずブツブツがすごいです。

7日目、保育園にいくも機嫌は悪い

朝も熱は出なかったので保育園へ行きました。

午前中は機嫌が良かったけど、昼寝中には突然泣き出したりた機嫌は微妙だったみたいです。

ただ熱は出ませんでした。

ブツブツは相変わらずです

8日目、機嫌が良くなってきた

熱はもう収まったみたいです。

機嫌はだいぶん良くなってきました。

相変わらずブツブツはすごいです。

なお今まで仕事や看病で忙しくて写真を撮るのをすっかり忘れていましたが、この日になってようやく撮りました。

f:id:msetsu:20190615142049j:plain
f:id:msetsu:20190615142053j:plain

明確なブツブツのほか、皮膚に満遍なくうっすらとブツブツができています。(我が子がジタバタするため綺麗な写真は取れませんでした。)

9・10日目、ブツブツ減少傾向に

熱は完全に下がったようです。

鼻水も収まり機嫌はいつも通りに戻りました。

うっすらとしたブツブツは消えましたがまだブツブツは残っています。

11日目、大きなブツブツが乾燥してきた

ブツブツが乾燥してきました。

f:id:msetsu:20190615142133j:plain

8日目までは写真のように赤くて瑞々しかったのですが、色は肌色に近づき乾燥して治ってきている感じが分かります。

熱下がり、鼻水も止まり、機嫌もなおって、ブツブツも消滅傾向。

とりあえず安心できそうです。

まとめ

最初の1週間は熱が上がったり下がったりで本当に大変でした。

また熱が治まった後も手足口病対処で費やし、急遽の有休の取得などをせざるを得ませんでした。

特に何がプレッシャーになったかというと手足口病と診断されるまでは高熱の原因が分からなかったことです。

朝は熱が下がっていたのと夕方熱が出ても元気だったため、手足口病が発症した日の後も2日程度保育園には通わせてしまいましたが、手足口病の流行を促進してしまったかもしれません。

ごめんなさい。

しかしお医者さんでもブツブツが全身に出てくるまで診断ができなかったので、そういう病気でもあると言えます。。

私の経験を参考に、同じような症状が出たら手足口病を疑ってもらえればと思います。