ノーモア普通のおじさん

普通のおじさんが、子育て、資産運用および旅行について、普通に綴ります。

プレモルを試飲できる!サントリーの京都ブルワリー工場見学

だんだん暑くなってきてビールが美味しい季節になってきました。そして少しお高いけど週末くらいは奮発してプレモルを飲んでいる人も多いはずです。

今回は京都でプレモル醸造しているサントリー京都ブルワリーに行ってきました。

2日前に思い立ってガイドツアーを予約できるかサントリーHPを確認するも満席です。

翌日に確認すると一部が「ネットでの受け付けは終了」に変わっていました。

これはと思い電話するとあっさり予約ができました。

同じくサントリーが運営する山崎蒸留所と同様、直前にキャンセルする人が多いみたいです。

以下参考↓

むしろ直前の方が予約できるのでは?という感じです。

 

阪急河原町から約20分、最寄りの阪急西山天王山駅に到着です。

そこから歩いて10分くらいの距離にあります。巡回バスもあります。喉は乾いていた方がいいと思って歩いて行きました。

圧巻の工場です。

f:id:msetsu:20180520213115j:plain

 受付の建物に入っていくとさっそくオシャレな感じです。

f:id:msetsu:20180520213124j:plain

予約は70分の「ガイドツアー」でしていましたが、90分の「ザ・プレミアム・モルツ講座」も空いていると言われました。内容がガイドツアー+αなのと、おつまみの量が増えるそうなのでそのツアーに変更しました。もちろん試飲もありです。

参加者用のストラップを渡され部屋に案内されます。

そして目の前には早くもビールらしき物が!

f:id:msetsu:20180520213244j:plain

お茶でした。。

当初はスライドや動画を使用した説明を受けます。

プレモルの材料であるダイヤモンド麦芽の試食やアルマポップの香りも楽しめました。

ダイヤモンド麦芽

f:id:msetsu:20180520213149j:plain

アロマホップ

f:id:msetsu:20180520213333j:plain

またプレモル自慢の「神泡」だけの試飲もこの時点でありました。

f:id:msetsu:20180520213255j:plain

その後は工場見学です。

日曜だった為か工場は動いていませんでした。平日は動いている中で見学できるみたいです。

仕込・発酵室見たり

f:id:msetsu:20180520213501j:plain

貯蔵室を見たり

f:id:msetsu:20180520213508j:plain

パッケージング室を見たり

f:id:msetsu:20180520213515j:plain

そして最後はバスに乗って元の場所に戻ります。

瓶やお店用のビール詰め物が大量に置いてありました。

f:id:msetsu:20180520213620j:plain

使用済みの物で再利用できるものを見定めているらしいです。

サントリーESG企業ですね!

だいたいここまでで60分です。

最後の30分が試飲の時間になります。

帰ってすぐにとりあえずプレモルを一杯

f:id:msetsu:20180520213651j:plain

見学で歩いた後に飲むプレモルは最高です。

そして「神泡」がたまりません。

2杯目は香るエールです。

f:id:msetsu:20180520213706j:plain

念のために言いますが無料です。

そして3杯目は希望者10名のみ、自分で注ぐというものでした。

当然のように手をあげます。

自分で注いだプレモルも最高です。「神泡」が半分くらいになってしまいましたが。そして3杯目にもなると大分酔いも回って味も分からなくなりました。

後から分かったことですが、10名以外も3杯目をもらうことは可能でしかも香るエールも選択可能でした。

余裕で昼から3杯飲み干します。

f:id:msetsu:20180520213809j:plain

試飲の時間を楽しんでツアーは終了です。

総じて大満足のツアーでした。

サントリーの太っ腹に感服しました。

なんども言いますが無料です。

サントリーの直売所が併設されてあるので、美味しかった(+金を少しくらい払わないと申し訳ないという人情)から「香るエール」を購入しました。

なお普通に注いでも「神泡」は不十分です。

かといってビールサーバーなんて高くて大きくて邪魔になりそうな物を買う気になれない。

そんな時は小型のビールサーバーがおすすめらしいです。

帰りは酔いが回っていたこともあって無料シャトルバスを利用しました。

ビール好きなら絶対おすすめスポットでした。